SBIFXトレード

 

大手金融グループの運営するFX会社

  • 1通貨からの少額トレードが可能!

通常のFX会社では1000通貨取引ですが、SBIFXトレードは衝撃の1通貨からの取引が可能。毎月一定額の積み立てFX投資運用が可能となります。

  • 低スプレッドに関連会社と連携した高い約定力

SBIリクイディティ・マーケットを通じた30社からのベストレートを提供。有事や相場急変時でも高い約定力とスピードを誇ります。メジャー通貨のスプレッドの狭さは業界トップ水準!

  • 日々の値動きからビックイベントまでカバーする情報力

マーケット情報は日々何本もの動画、レポートがアップ。経済指標はTwitter配信が優れています。また、ビックイベント時にも緊急レポートを複数アップされるなど高い質を誇ります。

PCツール(リッチクライアント)

取引ツールは、発注、分析系統に優れています。初心者にもやさしいく、注文画面は多機能で情報が集約されており、スピード注文が可能!画面レイアウトを整えるために、スリッページ設定やポジションまとめ画面を折り畳むこともできます。これは取引画面をつくる時にとても便利!

チャートや注文画面の独立機能、色、レイアウトの変更など、自分オリジナルのパラメーターに変更できる箇所が多いことから玄人も独自の画面を作成し満足できる環境が整っています。

テクニカル指標は30種類用意、トレンドラインなどの描写機能も30種類あり、分析機能は十分。RCIのラインが複数表示できないのは少し残念。デザインにこだわっている人にとっては、お洒落感はないですね。

ただ、注文画面はサクサクとエントリーが行え、平均コストも一目瞭然、複数ポジションも持っていてもトレードしやすくなっており短期トレードに便利。チャートを30も呼び出せるのはSBIFXトレードだけではないでしょうか。

 

テクニカル指標充実のスマホアプリ

スマホアプリはなんと2種類あります。

昔からあるアプリとSBIFXトレードのFXガールのデザインでつくられた新アプリ。

基本的な機能は同じですので、好みのデザインに合わせて利用すると良いでしょう。

優れているのはスマホアプリながらテクニカル指標が22種類も表示できます。

そして、比較高/底値基準から自動でトレンドラインを描写して売買ポイントを表示するというオリジナル機能もあります!この売買ポイントはけっこう当たるので注目したいですね。

また、チャートを4画面表示も可能で、チャート画面にレートパネルを表示させていれば、短期売買が可能です。

 

SBIグループの情報力はやっぱり凄い!

グループ会社でのカバー能力を評価できるのはもちろんですが、ディーリング企業であるSBIリクイディティ・マーケット資本の情報力が優れています。

サイトトップの『マーケット情報』にはカテゴリー別の動画、レポート、読み物が揃っています。

レポートだけでも、「マーケットトピックス」、「NYマーケットレポート」、「インターバンクの声」、「本日のテクニカル」、「シニアのためのMarket Eye」、「週間マーケット展望」と豊富。

特に前日の流れを振り返る「マーケットトピックス」はチャートに価格変動要因を描写してくれているので、パッと見てマーケットを復習することができます。

行動経済学からの投資理論なんて読み物もあって紹介に困るくらいですが、『秋ちゃんの為替ノート』はおすすめです。

月2回ほど更新される記事は、市場の注目ポイントやビックイベントなどを様々な角度から分析。選挙などのイベントでは、重要な地域ごとの締め切り時間などもまとめられていて、記事のアップデートも行われます。

SBIFXトレードの情報力は、初心者から上級者まで全てのトレーダーの役に立つと量と質を備えていますよ。

 

◇会社概要

会社名 SBI FXトレード株式会社
所在地 東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー
資本金 4億8,000万円(資本準備金 4億8,000万円)

初心者に最もすすめたいFX会社の一つ、SBIFXはドル円脅威の0.27銭!