IG証券ノックアウト・オプションリリース!

ひろぴー

ひろぴー

 
ラジオ日経パーソナリティ兼FX・BTCコラムニスト(週5本・・・。)
FXトレードで毎日ゆったりまったり勝負中!最近はどっぷりBTCトレードにハマっております。過去にXRP70万枚のハッキング経験あり^p^
ひろぴー

IG証券がリスク限定型のノックアウト・オプションというサービスをリリースしたようです。さっそく取引してみようと思い、専用口座に入金して操作してみました。

FXから日経先物、商品まで、メインどころの取引金融商品にはこのサービスが適用されています。

個人的に考えるノックアウト・オプションの大きな魅力は、資金効率の良さです。通常ドル円を1万通貨取引する場合、44,800円(1ドル=112円時)の証拠金が必要になります。

しかしIG証券のノックアウト・オプションは下図のように、購入時点の現在価格と37.1pipsにノックアウトレベルを設定した場合、維持証拠金として、同時に想定される最大損失額として3,710円が計上されるだけという、非常に資金効率のいい商品設計になっているのです。FXやバイナリーオプションにある程度は精通した方は、このサービスの良さにもうお気づきでしょう。

気になる取引手数料は?実はノックアウト・プレミアムがかかります。実際どのくらいの金額になるのか。

上記画像と操作日時、口座が異なりますが、早速取引概要の説明、及び操作方法と実際のポジションをとった画像でご紹介したいと思います。

 

プレミアムを支払うとは。

出所:IG証券

IG証券のHPからノックアウト・オプションについて説明がされております。

補足を入れますと、つまりこの例では日経平均先物を1ロット、22000円でロングし、ノックアウトレベルを21500円で設定するわけなのですが、つまりは損切りラインが21500円に入れたということになります。

これでは通常のFXや先物取引と何ら変わらないのですが、プレミアムという手数料を証券会社に支払うことで確実にその値段で決済をするというサービスがノックアウト・オプションだそうです。

FXでも日経平均先物のトレードでも損切り値を設定しても逆指値注文ですから、何pipsかは損切りの価格より不利な価格で約定していることがほとんどです。

この場合、このノックアウト・オプションサービスを使用すると、そのレートに到達した時点で確実に決済をしてあげる代わりにオプション手数料を払ってくださいね〜、っといった解釈になります。

通常のトレードでは特にこういったサービスは必要ないかもしれませんが、例えば雇用統計やFOMC、有事のイベントごとだった場合、損切り注文を入れた値より非常に不利なレ

ートで約定してしまうことは多々あります。

夜中のFOMCでサプライズ利上げや利下げなどがあった場合はストップ値から15〜40pipsぐらい下で約定してしまうことなんてよくある話です。

こういったタイミングでこのノックアウト・オプションというサービスを使うと、非常に安全に資金管理が出来て取引できるというわけですね。

 

プレミアム手数料がでは高いかと言うと、そういうわけでもありませんでした。

ドル円を例にスマホ画面で実際の取引画面をご紹介します。

 

ドル円のブル・ノックアウト・オプションを購入してみる

出所:IG証券 iPhoneアプリ

こちらはドル円112.12円のときの取引画面です。

このように、買いと売り画面がFX取引同様に出てきます。上昇のほうに買いを入れてみるのですが、タップして、ノックアウトの損切り注文の位置を入れなければいけません。

 

ドル円の場合、ノックアウト・オプション料は1.5ポイントです。1.5銭の手数料が発生ということになります。

 

ノックアウトレベルは10pips刻みとなっているようです。

ヘッジファンドの為替オプションの位置などを考えると、11150や11200、11100といった節目のラインに設定するのが妥当でしょう。

この50銭刻みのオプションなどは巨大なオプションであることが多いので、普通のプライ

スと比較してなかなか数字にタッチすることがありません。

こういったポイントにタイトにおけるメリットもこのノックアウト・オプションの強みではないでしょうか。

 

リミットを決めて、発注!

 

ロットを1ロット(1万通貨)、利食いの目処を35pips(112.45円程度)

ノックアウトレベル(損切り)を111.50円に設定してみました。

ちなみに途中で決済する場合は、このノックアウト・プレミアムは返金されるようですので、

かかる費用はスプレッドのみということになります。

このサービスを取り込んだドル円のスプレッドは0.6pipsですので、少しだけ高いようですが、逆指値が滑らないことを考慮すると安価なリスクではないでしょうか。

 

決済確認画面とポジション確認

 

これで発注完了です。

結構簡単な作業でしたね(笑)

 

こちらが決済画面、及び途中決済画面になります。

途中で決済する場合は、通常のFXと何ら変わりはありません。

スプレッドが0.6pipsのドル円トレードを楽しむ程度のものです。

そのかわりにこのノックアウト・オプションにより、大きな経済指標発表前、またはポジションを長らく持越したいサービス時にも大いに役立つサービスといったところでしょうか。

資金効率を重視した取引をしたい方に非常に魅力があるのはもちろんですが、急激な為替相場変動のリスクを極力減らしたい方にも、頻繁に必ず出番がありそうな、このノックアウト・オプションサービス。

ぜひ皆さんも使ってみては如何でしょうか。

リスク管理の一環としても非常に役立つ可能性があるサービスですよ!

以上、今回はIG証券のノックアウト・オプションサービスについてご説明・ご紹介致しました。

 

少額でも月30万儲かるビットコイン革命
仮想通貨レバレッジで勝てる!

ひろぴー書籍