日銀は緩和したのか?

FXトレード書籍を発売しました。
FX初心者向けの書籍になります。 FXブロードネット

ひろぴー

ひろぴー

 
ラジオ日経パーソナリティ兼FX・BTCコラムニスト(週5本・・・。)
FXトレードで毎日ゆったりまったり勝負中!最近はどっぷりBTCトレードにハマっております。過去にXRP70万枚のハッキング経験あり^p^
ひろぴー

すみません、昨晩は日本酒を飲んでしまったため、更新できませんでした^p^;

本日は都内で打合せや会食やら入っております、こんばんわ、ひろぴーです。

打合せ中に日銀だったため、リアルタイムで値は追ってませんでしたが、大きく乱高下した模様ですね。

政策内容を読み飛ばしただけでしたが、一応ポンド円を133円ぐらいに少し売って、打合せに突入。先ほど132円付近で買い戻しました。

FOMC待ちです。

ちょっと日銀の内容を整理してみましょう。

小難しい言葉を並べているが、緩和ではない?

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-517

( ゚Д゚)( ゚Д゚)( ゚Д゚)( ゚Д゚)・・・・・・。

長短金利操作します宣言してますねwww

ここまで来るとクレイジーだ。日本も本格的に金融政策は中国のようになってきましたww

日本は為替以外、まともトレードをすることが出来なくなりそうですね。動きが今の中国株のようになってきそうです。これからどんどんヒドくなると思います。

内容に的には、今までの緩和策に長期金利をコントロールできるような施策を増やしただけで、マイナス金利の枠やマネタリーベースを増やすわけでもありませんでした。

内容的には失望過ぎるインパクトもあり、「総括」と謳っていた割には、よくわからない結果です。

国内の銀行のための政策のように思えます。

ひとまず、現時点で長期金利を上昇させれましたので、国内銀行的はOKでしょう。その代わり、今後マイナス金利の深堀りで様子を見ていく作戦なのでしょうか?

意味がイマイチわからない!!って方は、上記の画像クリックして頂いて9ページ目をご覧ください。

グラフ化しているのがイールドカーブです。これを国債の10年以上からもう少し急激に上昇カーブを描かせるようにこれから日銀がコントロールするわけです。

っというか、コントロールしていこう!っていう政策に今日でなりました(笑) 

これによって、長期金利の利回りが上がりますので、国内銀行さんたちの収益がちょびっと上がります。

アメとムチですが、前回のマイナス金利をするだけして、国内銀行に配慮がなかったためのお詫び政策だったわけです。

そして、ここの収益を改善できれば、再び追加緩和に踏み切れるとは思います。マイナス金利の深堀りのパターン、バリエーションが今後増えることになります。

おそらく、次回の金融政策や今後数か月以内に、再びマイナス金利▲0.2%などの思惑もまた出てくるでしょう。

 

日米の金利差縮小なのにドル円が上昇しそう?

Twitterや報道機関の文章を読んでいても、同じく、投資家は混乱気味です。僕もです。

この内容ならば、ドル円は本来下落しなければならないです。しかし下落してません。

ここからはファンダ抜きになりますが、チャート形状上、反転の合図がやはり色濃く出ております。

相場というものは、この「おかしい!」という動きの後は、来た道を折り返す傾向が非常に強いです。半信半疑なのですが、FOMC後にドル円を買ってみようと思います。

円を売る考えです。豪ドル円も良いかもしれません。

水星逆行が今日までですので、今晩が最終乱高下デイなのかもしれません。

今一度、考え直して、ドル円を100.60~80円に買い指しなおしをしました。豪ドル円も76円ミドルで買い指値です。

このパターンはFOMCで一瞬米ドルが大きく売られて下ヒゲ残すパターンのみに賭けたトレードです。

一直線に抜けたら撤退です。まさに混迷でしょうw 先ほどポンド円で1円抜けた利益を全て使おうと考えております。

 

ドル円チャート

file-1

ドル円日足です。週足の場合より反転しそうなダブルレポに似たような形状になっておりました。

ファンダ上、やはりドル円は売りです。しかし、下攻めがどうしても出来てません。ストップもいない証拠でしょう。

ここから、おそらく日銀追加緩和フォロー発言もまた相次ぐはずですので、その際はショートポジションのストップロスを狩られるのではないでしょうか。

90円台後半にしっかりと定着するためには一度105円近くまで上昇したほうがしっくりくるかな、とも思います。また作り話で事前に上昇トレンドが来月あるのではないでしょうか。

ひとまず、FOMC待ちです。

ポンドドルチャート

file1-5

売りたいのに売れてないポンドドルです(笑)

1.3090にショートの指値を再設定しました。SMAトレードです。(詳細はSMAレポートご覧ください。)

こちらも同じく、FOMCで一瞬米ドルが売られないかな~っと考えております。

日足ベースでは、短期的なポンド売りの調整は終わったと思ってますので、次のステージに移行する期間が間もなくだと考えております。

1.25~1.29ぐらいでイメージをしております。

まあ、またFOMCの内容次第で見解が変わる可能性が十分ありますので、また明日早めに更新します。

【現在のポジションと今晩の戦略イメージ】

為替ポジションなし。

ドル円と豪ドル円押し目買い狙い。

ポンド豪ドルとポンドドル戻り売り狙い。

貴金属ロングはキープのまま。既報通り、近々買い増し検討。

米株は売り継続ですが、FOMC前ですので、少し利食いを入れて戻り待ちを狙います。上がったところを失速するような気がしてますので、そこを売りたいです。

おそらく利上げトーンを強めてくると思います。何か今後の政策にサプライズ的なお土産もつけてくれると良いですね(笑)

●おすすめFX有料メルマガページ

クリック証券×志摩力男タイアップキャンペーン

少額でも月30万儲かるビットコイン革命
仮想通貨レバレッジで勝てる!

ひろぴー書籍

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.