米ドルは戻り売りのまま

帰省先から帰宅しました、こんばんわ、ひろぴーです。

今日も目まぐるしく相場が動いておりますね。

非常に難しい相場です。

まだまだ傍観。強めにポジれそうなものはユーロドルのロングなような気がしてきました。

今日はユーロが強いです。ユーロドルやユーロ円は上昇しております。

また押し目が来たら買いたいと思います。ちょっとポンド売りは捕まってきそうですね。戻り売りプレイヤーが断続的に焼かれているようです。

夕方のポンド上昇でユーロポンドが焼かれました。カットしましたが、再び0.86でロング入ってます。でもこれはまた感触良くなさそうです。もう一歩待ってから入るべきでした。また損切りは浅めに入れて、再びロングを下の指値しておこうかと思います。

ポンド売りは戻ったところを連続カットして損小利大を狙います。2勝8敗でも勝てるようなリスクリワードが良いかもしれません。

今日はまず日経平均から。

 

日経平均先物指数

file 22

下がりそ~~~~~って、実に思える形ですね。

で、夏休み相場だからフェイクなのかなwww 

明日は下値狩りにいったらロングしようかと思います。16400円台ミドルからロング並べてみました。一昨日日経やられてから昨日今日はお休みです。リフレッシュしたので、そろそろ再出陣しようと思います。

日経はほとんど買いのみで今後も勝負です。崩れそうで崩れませんからね~。

下攻めするそぶりだけ見せると、本邦から買いが入ってきますからこの動きを誘っているのでしょうか??

 

ユーロドル押し目買い

file2

ユーロドルが元気です。

先ほどポジションを縮小しました。押し目待ち。1.1275ぐらいから買い指値を再度セットしようと思います。買い下がりです。

これを中心にやはり秋相場が回そうかと考えております。長らく為替口座には入金を控えておりましたが、そろそろキャッシュを出動させようかとも検討中。

ちょっと米ドルの弱さが異常に目立ちます。何かよからぬ動きになってくるのかもしれません。

ユーロドル日足のテクニカル的には、SMA7がタッチポイントです。これが明日になるのか、明けた来週月曜日になるのか・・・。MACDは徐々にプラス圏に浮上してよい形状になってきております。

来週の金曜?はイエレン議長の議会証言がありますのでもう1週間だけ小難しい動きが出るのではないでしょうか。

イエレン議長は今のところはおそらくハト派でしょうから、利上げをほのめかす発言が出るのかが注目ではないでしょうか。

ただ個人的には、単なるハト派となりますと9月の利上げは完全に消滅、11月はありえなく、そうすると12月?とまただいぶ先の話になってしまいます。それこそさらにロングになっていた米ドル買いポジションが悲鳴をあげるのではないかと少しずつ思ってきました。

これは大きなトレンドを発生させるか??

米ドル売りが世界のキャッシュフローを逆流させるのかもしれません。また水星の逆行は今月の31日から始まります。さらに大荒れ相場が待っているのかもしれませんね・・・。

 

トルコリラ円チャート

file1

トルコリラ円4時間足です。こちらは格下げに期待してショートポジションを懲りずに作りました^p^

ザ・リベンジや!クーデター明けの安値ブレイクを期待して再びショートを作り始めました。

ここ最近のトルコの動きは横着なため、まずは金融パンチで間接的な経済制裁を世界は科してくるのではないでしょうか。

このトレードはファンダとポジションの偏りの勝負です。こちらもスイングポジとしたいと思います。

ポンドポジションはきれいさっぱり飛ばされてしまいましたので、現在はユーロポンドロングのみとなってます。(ユーロドルロングとポンドドルショートの融合ポジションは有り。)

ユーロドルとユーロポンドはまたスイングポジション構築を狙います。

ドル円は敬遠で。

SMA7,25,50トレードレポート、プレゼントキャンペーン実施中!
トレイダーズ証券[みんなのFX]

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.