FX経験者からの仮想通貨FX

FXトレード書籍を発売しました。
FX初心者向けの書籍になります。 FXブロードネット

2017年、仮想通貨元年の年となりました。

多くのFXや株トレーダーも参戦をはじめました。

その一方、為替市場が非常に大人しい年となり、リターンは歴然となりました。

親しくさせて頂いているFX会社さんにも年初からプッシュをさせて頂いておりまして、仮想通貨交換業を取得されたFX会社さんの一部は、「ひろぴープッシュ」もだいぶ入っていたと思って間違いありません(笑)

 

それだけ大きな変革が訪れると感じていたからです。

2018年、またFX業界は激震の年となります。

レバレッジ規制は本当に実現し、10倍に。

年間の取引高は非常に大きく縮小することでしょう。

また既存のFX会社・経営者・幹部様より、多く意見を求められるようになってきております。

ここで書き記しておきますが、かなりのFX会社様が危機感を覚えてきているようです。

そして密会も多くありました。

来年、続々と既存のFX会社も仮想通貨業界に参入すると思われます。

そして、おそらく仮想通貨FXが流行り始めるのではないでしょうか。

そういった意味で、2018年は仮想通貨FX元年になるのではないでしょうか。

 

なぜ、現物の仮想通貨ではないのか?

間違いなく仮想通貨FXが儲かるからです。(業者側として。)

これに気づいたASP業者営業マンもセンスがある方は早々とこちらに切り替えてきました。

もちろん、僕もプッシュさせて頂きましたし、大手ポータルサイトも勿論こちらに注力すべきだと断言してきました。

これはまた大きな時代の変革です。

金融業界を大きく揺るがす事変ですが、またそれに携わるメディアから広告業界、取引業界にまで大きな影響を及ぼすでしょう。

そして投資家も変わるところは、変わらなければならなくなります。

その分野の投資人口が減れば、また値動きも変わります。

投資家としても、これは大きく転換せざる得ない年だったと感じており、2018年はさらにそういった年になるのではないかと考えております。

 

投資家ならば、「トレンドに乗れ」です。

どんな投資商品だろうが、トレンド発生したら同じ値動きをします。

これは僕がFXだけに限らず、株、CFDもトレーディングしてきたからこそ、今回の仮想通貨の動きにいち早くシフト出来ていたのだと思います。

今は仮想通貨という投資商品が最も勢いがある状態です。そして2018年もこの勢いを継続するでしょう。

 

なぜ、ひろぴーは仮想通貨投資をはじめていたか。

元々、仮想通貨をはじめたきっかけはシンプルに答えるとこうです。

『ネットワーク社会の大インフラ整備が行われるから』です。

 

これからのネットワークは、分散型ネットワークに移行し、20年間培ってきたインターネットを始めとするデジタル通信網の9割以上がブロックチェーン技術に移行していくだろう、っと予想を立てておりました。

これは40年以上前に日本でも同じ状況が起こりました。

日本列島改造論です。

「一般道路⇛高速道路・及び鉄道網の普及・発達が加速」

このインフラ整備により、ヒト・モノ・カネが以前より、スムーズに流れるようになりました。

時は2017年〜、今回は「ヒト・データ・カネ」です。

ヒトの部分はより少なく、データとカネが大部分を占めます。

この一大産業に発展する可能性が十分にある分野です。

僕はよくセミナーで大きなイノベーションの発展は20年おきにやってくる、と御話しさせて頂いております。

ITバブルが始まった年からおよそ20年。

この2018年はブロックチェーン技術・分散型ネットワークという言葉が毎日のように紙面を賑わすでしょう。

1999年、僕は中学2年生でした。毎日、ITという文字を新聞上で目にしてました。

当時は『IT革命』という言葉で毎日のようにマスメディア文字で毎日のように出回っておりました。

その当時の出現率と比べれば、現在「ブロックチェーンや分散型ネットワーク革命」といった文字すら出現していないのが現状です。(2017年12月末)

おそらくこれからではないでしょうか。

 

FX経験者にすすめる仮想通貨投資

さて、前述した内容を踏まえてどのように考え方を改めましたでしょうか?

FX経験者のみなさまは、投資家です。

投資の「と」の字も知らない人間ではないと思われます。

わざわざ難しい市場でトレードをする必要がありません。

それはドル円しかトレードしないトレーダーと同じで、ユーロドルやポンド円にイージーなトレンドが出ているのにも関わらず、難しいレンジ相場のドル円でひたすら粘っているプレイヤーと同じ事だと思われます。

アベノミクス相場の最中にドル円や日本株のロングを持ってみんなが儲けている時に、全く関係のないユーロドルやオジドルをトレードして頑張っているぐらい惨めなことと変わりはないと思います。

 

■株やFX投資家の大移動が起こっている!?

2017年後半、FX会社の口座開設率はおそろしく減少しました。

それとは正反対に仮想通貨事業者の口座開設数は1日で既存のFX会社の半月分に相当する量の口座数が開いております。(多い日は1000件以上と聞いております。)

それほど資金の大移動がこれから始まろうとしているのです。(既にはじまっております。)

これは正直悲しいことかもしれません。

そして資本が減ってしまった為替市場は本来とはまた別の値動きをするかもしれません。

日本人投資家だけに限らず、海外のトレーダーも同じです。

投資銀行ですら、仮想通貨ファンドの部門を立ち上げて次々と参入が来年前半から始まります。

やはりこれは時代の変革の何者でもないでしょう。

FX投資家の皆さんも、まだ仮想通貨トレードをおやりになったことがない方はぜひ一度触っておくべきではないでしょうか。

⇛【FX経験者にすすめる仮想通貨FX取引所】

 

BTC/JPYという通貨ペアが増えたと考えよう。

よくFX投資家の方から仮想通貨取引はどうやってやればよいのか?っと質問をされます。

何も難しいことを考える必要がもちろんありません。

ビットコイン円という通貨ペアが出現したとお考え頂ければ結構です。

仮想通貨には沢山のコインが増えました。

その通貨ペアをトレードするといった状況です。

すでに取引量が「豪ドル/円」規模を超える仮想通貨ペアが多く出てきました。

それぐらいにまで市場は発展してきているのです。

仮想通貨を通貨として見るべきではないでしょうか。シンプルに新しい通貨ペアをテクニカル分析し、トレードする程度で結構だと思います。

そしてぼくは来年もそのノリでトレードを継続するだけです。

 

■値動きが素直な仮想通貨市場

短期的なスイングトレードで問題ありません。

そのコインがどんなものなのか知る必要すらないと思います。株のデイトレーダーと同じく、その企業が何をしているか知らずして板抜きの勝負をしているとお考えになって頂いて結構です。

値動きはまだAIやアルゴリズムトレードが多く稼働していないため、個人投資家の実需で値段が決まります。

正直、値動きは素直でトレードしやすいといって過言でもないでしょう。

そして多くのFXトレーダー仲間からも同じ声を頂いております。

またこんな素敵な投資商品教えてくれてありがとう!っと言われるほどになりました(笑)

当サイトではFX経験者へすすめる仮想通貨FXの業者をピックアップしてます。

正直、使い勝手がイマイチな業者が多く、現状はここしかないといった状態です。

まだまだ発展途上なため、FXトレーダーを満足させる内容のアプリは少ないのが現実ですが、随時、こちらのサイトで情報を提供していきますので、御覧ください。

使いやすい業者やアプリなどの情報は発信していくつもりです。

 

ぜひこれを機に仮想通貨FXをはじめてみてください。絶対に体験しておくべきだと思います。

そして皆さんも多くの利益をあげてくださいね!

 

2018年〜2019年にやってくるであろうバブル崩壊のショート相場は死にほど儲かるかもしれないということも付け加えておきます(笑)

ここで僕は盛大に勝負しようと長期プランを練っております(・∀・)

やはり、トレーディングはFXトレーダーが一番上手ですからね☆ミ

下記のページに仮想通貨FXのおすすめの取引所もまとめておきました。

最低限使える業者をピックアップです。ぜひ、初めてトライされる方はこのあたりからトレードされると良いのではないでしょうか。↓ぜひ一読ください↓

⇛【FX経験者にすすめる仮想通貨FX取引所】

 

 

少額でも月30万儲かるビットコイン革命
仮想通貨レバレッジで勝てる!

ひろぴー書籍