欧州経済危機が勃発するか?ブレグジットから始まる欧州景気後退

FXトレード書籍を発売しました。
FX初心者向けの書籍になります。 FXブロードネット

ひろぴー

ひろぴー

 
ラジオ日経パーソナリティ兼FX・BTCコラムニスト(週5本・・・。)
FXトレードで毎日ゆったりまったり勝負中!最近はどっぷりBTCトレードにハマっております。過去にXRP70万枚のハッキング経験あり^p^
ひろぴー

またまただいぶご無沙汰の更新となってしまいました、こんばんわ、ひろぴーです。

為替トレードはあまりできてませんが、それでもポンド円とユーロ円中心のショートポジションを持ちながらスイング中です。

英国のブレグジット問題はじょじょに佳境に入りつつあります。

先日、英国のハードブレグジットかソフトブレグジットかでもめていた12月11日火曜の英国議会では、結局延期となり、メイ首相に対する不信任案が提出されました。

その後、結果的にはメイ首相が続投となり、ポンドが上昇する局面がありましたが、内容は変わっておりません。

時間だけが過ぎていった状況です。

おそらくですが、このまま英国議会はコントを続け、3月を迎えるのではないでしょうか。

EUも英国にかまっている暇はなくなってきております。ドイツのメルケル首相の後任探し、フランスのマクロン大統領の支持率の大幅な低下、イタリアの債務問題。

そしてEU経済圏の数値が本格的に減速をはじめました。

前回、更新したコラムは3週間も前になってしまいますが、それから発表されてくる欧州の経済指標は軒並み悪化を始めております。

先日のフランス製造業PMIは49.7と景気判断の50を下回る結果でした。景気後退のシグナルです。

PMIサービス業までもが49.6となっており、EU全体が徐々にバランスを崩し始めているように思えます。

今週水曜日はFOMCです。利上げは確実ですが、来年の見通しのトーンは弱い発言がなされる可能性があります。株式市場がどちらに転んでもバランスを崩すように考えております。

利上げペースは維持→株価軟調

FRBが景気減速を認め、利上げペースの鈍化を示唆→株価下落で反応

米・長期金利、日、長期金利は共に低下傾向にあり、逆イールドカーブが顕著になってきました。

海外ヘッジファンドの日本の長期国債売買量はここ数年で最高を記録したとのこと。明らかにリスクオフに備えたポジション取りをしてきておりますので、年末から年明けにかけては円買い相場が迫っているように思えます。

その引き金となる可能性があるのが、今回のFOMCではないかと思います。

さて、様々なリスクオフ要因があるなかで、ポンド円とユーロ円をみておきましょう。

 

ポンド円日足チャート

出所:FXTF MT4チャート

ポンドです。

今年は触らないように避けていた通貨ペアですが、まともにトレードするのは今年初かな?っというぐらいご無沙汰な通貨ペアです。

ヘッドラインに振り回される通貨だったため、トレードを避けていたのですが、ここからはリミットが残り3ヵ月となってきたため、トレードを始めようと考えた次第です。

前述どおり、英国議会は宙ぶらりんのままです。何も変わらず、そしてEUへの交渉も「一体何が言いたかったのかよくわからないメイ首相」と揶揄されておりまして、メイ首相自身もかなり焦りが見え隠れします。

ファンドが仕掛けてくるなら、ポンド安でしょうし、やるなら3月ぎりぎりというよりかは、今月末から1月ではないでしょうか。

原油価格も急落し、インフレ率低下の可能性があります。ハードブレグジットとなれば、欧州の空も飛行機を飛ぶことができず、関税もなくなり、英国経済のバランスは崩れることが確実です。

まだこの内容に市場は織り込んでおりませんので、近々リスクオフで大きく反応が始まるのではないでしょうか。

 

ユーロ円週足チャート

出所:FXTF MT4チャート

変わって、ユーロ円です。

こちらもフランスの経済指標が悪化、政治情勢も不安定、そしてイタリアの債務問題により、ユーロの利上げは確実に遅れるでしょう。

今月でQEも予定どおり終了しますし、流動性は徐々に枯渇を始めるのではないでしょうか。ドイツ国債も買われ始めておりまして、米・日・独の長期金利は軒並み低下を始めております。

RCIこそはまだRCI26しか下方向を向いておりませんが、直近のサポートラインを割り込みますと、RCI9も下方向に向きを変えてくると思います。その場合は追加でショートを増して行く予定です。(RCI使い方:参考)

127.50円がターニングポイントでしょう。

 

またゴールドも買われ始めておりまして、久しぶりに上昇トレンドに入りつつあります。

あとは円が買われ始めれば本格的なリスクオフ相場となっていくでしょう。現在、週足レベルで非常に狭いレンジですが、下抜けしていく方向に賭けて勝負をしたいと思います。

直近ターゲットは125円、そして120円です。ドイツ銀行の株価の下落も著しく、欧州は不透明な材料を多く握っております。

米国の景気も少しずつバランスを崩してきておりますし、リセッションは近いのではないでしょうか。

もしかしたら、今年のクリスマスや年末も相場はよく動くかもしれませんね。。。

【持ち越しポジション】

ポンド円、ユーロ円、豪ドル円、ビットコイン円ショートです。

 

【ほぼ毎日更新!】
→読む仮想通貨ストラテジーレポート 


【PR】ひろぴーの読むFX ☓ 各FX業者 タイアップキャンペーン情報

FXトレード・フィナンシャル RCIレポート+ローソク足波動トレードDVDプレゼントキャンペーン実施中!

トレーダーズ証券 ひろぴー流SMAトレードレポート プレゼントキャンペーン実施中!

デューカスコピー・ジャパン TDシーケンシャル・コンボ レポートプレゼントキャンペーン実施中!

【ご報告】FXトレード書籍を発売しました! FX初心者向けの書籍になりますが、口座開設タイアップキャンペーン中です!FXブロードネット

少額でも月30万儲かるビットコイン革命
仮想通貨レバレッジで勝てる!

ひろぴー書籍